守らないとどうなる?デリケートなお肌に発生するトラブル

首をかしげる女性と?マーク
肌トラブルには一過性のものと慢性的なものがあります。

一過性の場合は季節の変わり目の乾燥が原因だったり疲労やストレスにより肌に湿疹や肌荒れが起こります。

慢性的な肌トラブルの場合はデリケート肌となっている可能性があります。
ここではそんなデリケート肌に現れるトラブルについてご紹介します。

デリケート肌の症状とは?

お肌の角質層のバリア機能が下がることで起こる肌トラブル。

バリア機能が弱まって肌が乾燥してしまい、外部の刺激をうけやすいデリケート肌になってしまうことで、肌に痒みが出たりかぶれなどが起きてしまいます。

敏感肌の原因の多くは乾燥なので乾燥は敏感肌の最大の敵でもあるのです。

バリア機能の低下は肌の乾燥に繋がり、肌の角質層の水分と油分が無くなることで起こってしまい、症状が悪化するとニキビが出来たりします。

肌が乾燥してしまうと毛穴が弱まってしまうことで皮脂が詰まりやすい状態となりニキビ肌に悩まされることにもなります。

乾燥はすべてのデリケート肌の大敵となってしまうため、まずは乾燥肌対策を行っていくことが大切なのです。

どんなことで症状が進むの?

敏感肌に炎症が起こる理由として肌に外的な刺激が起きるためです。

例えば化粧水に入っているアルコールや香料、合成界面活性剤などの添加物が原因となる場合もあります。
また紫外線やほこり、金属などが原因で肌荒れを引き起こす可能性などもあります。

これは肌のバリア機能が下がっている時にこれらの刺激が起こるとデリケート肌が進んで炎症が起きてしまうのです。

元々アレルギー体質の人が特定の原因物質でアレルギー反応が起こってしまい、肌にトラブルが出るケースも少なくありません。

そのためアレルギー体質の人は特にアレルギーの原因となるものを避けなくてはいけません。
病院へ行きアレルギーの専門治療を受けたり検査を受ける手もあるでしょう。

もしこのような肌にトラブルが起きた場合、その原因となるものをすぐに突き止めて改善していく必要があります。

例えば特定のメイク用品を使用したことで肌に炎症が起きたならすぐにその化粧品の使用をやめましょう。
一度トラブルとなっている肌は特に敏感になっているため、使い続けると危険です。

そもそもデリケート肌の方は、化粧品は低刺激な敏感肌専用のものを選んで使用しましょう。

洗顔を見直して肌トラブルを防ごう

あなたは毎朝毎晩どのようなスキンケアをしているでしょうか。

特にデリケート肌になってニキビ肌でお悩みの方は洗顔で毛穴の奥までしっかり洗っている方が多いと思います。

そして乾燥肌の方は保湿成分がたくさん入った化粧水や、低刺激性の基礎化粧品でスキンケアを行っているはずです。

しかしどんなに気を付けていても、洗顔すると顔がつっぱったり粉を吹いた状態になると悩んでいる方もいると思います。

そうすると今度は乳液やクリームをつけてごまかしますが、やはり根本的な解決にはなっていません。

洗顔時に石鹸などで顔をゴシゴシ洗ってしまっていたり、強い洗浄成分で洗顔している方はまずは洗顔法を見直すことが大事でしょう。

まとめ

デリケート肌になってしまう方は特に肌のかゆみや湿疹に悩まされていると思います。
また化粧品の刺激が不愉快に感じている人も多いのだとか。

デリケート肌になると様々な肌トラブルが起こりやすくなるのでまずは根本的な部分から改善させることが大事です。

改善するためにはお肌のバリア機能を強くすることが一番の方法でしょう。
肌をしっかりと保湿して、様々な外的な刺激から肌を守ることで敏感肌を改善させられます。

もともと敏感肌の人は少ないため、デリケート肌になってしまう人はもしかしたら日常で間違ったスキンケアや生活習慣を行ってしまっている場合が多いのです。

そのため正しいスキンケアを行うことでほとんどのデリケート肌が改善されるでしょう。

デリケートなお肌になってしまったと感じたら、まずはトラブルの元を改善して、お肌に余計なストレスを与えないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です