デリケートなお肌をさらに悪化させてしまう悪い生活習慣とは

頭を抱えて天を仰ぐ女性

デリケート肌は生活習慣が悪くなることでどんどん悪い方向へと悪化させてしまいます。

例えば睡眠不足、偏食、ストレス、タバコの影響で健康な肌を失う危険性があるのです。
このどれもが肌の代謝を崩す要因になるのでデリケート肌をさらに悪化させる可能性があります。

ここではデリケート肌を悪化させる危険性がある気を付けるべき生活習慣についてご紹介していきます。

デリケート肌にならない正しい生活習慣とは

医者に問診を受ける女性

デリケート肌を悪化させないためにはまずはしっかり睡眠をとることが大事です。

睡眠時間とはただ疲れをとるだけのものではなく、肌の修復タイムでもあるのです。
肌細胞は成長ホルモンで回復されていきますが、これは深い眠りの時に多く分泌されるホルモンでもあります。

デリケート肌を早く改善させるためにも、できるだけ毎日早めに就寝して規則正しい睡眠をとることが大事なのです。

どんなに仕事やプライベートが忙しくても、お肌のためにしっかり睡眠時間は確保しましょう。

また食事も美肌を守るためにとても大事です。
食事で好き嫌いが多く偏食気味になっている人は肌の健康を損なう危険性があります。

しっかり摂りたい栄養を補給して肌の修復に必要な食事をすることが改善の近道でもあります。

どんなに毎日しっかりスキンケアを行っていても食事が乱れていれば効果は無くなってしまいます。

大切なことは栄養バランスしっかり考えた食事を毎日3回摂ることが重要です。
また日頃から抱えるストレスは交感神経を目覚めさせてしまうので、デリケート肌を悪化させる原因にもなります。

そしてカフェインやアルコールなどもあまり肌にとってはよくないため刺激物になってしまうことも。

タバコも同じく肌に刺激を与えるうえ、肌のコラーゲン合成のサポートに必要なビタミンCも減少させてしまいます。

腸内環境を整えることから始めよう

内臓の内側からしっかり肌に良いことを行うことでデリケート肌が改善させられるかもしれません。

デリケート肌の原因には2つあると言われていて、それは乾燥と肌のバリア機能の低下です。
その中でも注意すべき点は腸内環境の悪化なのですが、腸内には免疫細胞が多く集中しているので腸内環境が乱れることで免疫細胞の力も弱まりバリア機能も下がります。

そうすると肌は外からの刺激に敏感となり雑菌が繁殖したり、皮膚が荒れたり赤くなってしまいます。

ですので腸内環境を調整するためにしっかりと毎日の食生活を見直したりストレスを減らすことが重要視されています。

例えば
添加物が多く刺激が強い食事ばかりしていては、栄養バランスが悪くなり腸内環境もどんどん悪い方向へと向かってしまいます。

生活の中で気を付けるべき注意点とは?

デリケート肌を守るためには室内の湿度設定にも気を付けた方が良いでしょう。

肌に必要な保湿成分がある時は湿度にそこまで気を配らなくても良いですが、乾燥肌や敏感肌になっている時は湿度が30%以下になると水分が減少するため注意が必要です。

冬は特に気を付ける必要があり、また夏でも冷えたエアコンの影響でお肌が乾燥しやすい状態となります。

そのため夏場でも加湿器などを利用してある程度部屋の湿度を一定にする必要があると言われています。
また運動不足もデリケート肌を悪化させているかもしれません。

本来運動は血行を良くするので、自然と新陳代謝を高めてくれるのです。

しかし運動不足が続くとどんどん血行も悪くなり乾燥肌や敏感肌の原因を招いてしまうことも。
そのため日頃からウォーキングを取り入れたりなるべく階段を使用してしっかり汗を流すことを意識した生活を送りましょう。

また、前髪をおろしている方や髪の毛が頬などにかかっている方はデリケート肌にとってマイナスかもしれません。

髪を触る手や頬杖をつく時に雑菌が皮膚についてしまいデリケート肌を悪化させてしまいます。

まとめ

お肌を改善させるためには睡眠環境を整えたり、しっかり睡眠時間を確保することが大事でしょう。

また日頃のストレスやタバコは老化を招いてしまうので、お肌のターンオーバーの活性化にも影響が出てくるためビタミンCを減らしてしまうので改善させることが大切です。

現代人にとってストレスは抱えてしまいがちなので、なるべくストレスを消費して快適に過ごせる環境を整えましょう。

こうした生活習慣の改善がデリケート肌を修復させる近道となるので思い当たる方はまずは生活習慣の改善を目指してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です